JR岸辺駅ビル(仮称)2018年秋開業予定 ビエラ岸辺か!?

JR岸辺駅ビル仮称2018年秋開業予定サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

(仮称)JR岸辺駅ビルが
2018年秋に開業予定ですね。

2017年3月27日(月)に
JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)から
本体建物工事に着工したと
発表がありました。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

(仮称)JR岸辺駅ビル
開発概要

JR岸辺駅ビル仮称完成イメージ20170327

建物設置者:西日本旅客鉄道株式会社

土地所有者:西日本旅客鉄道株式会社

施設運営者:JR西日本不動産開発株式会社

主要用途:物販店、飲食店、クリニック、宿泊施設、フィットネスクラブ他

敷地面積:約8235.71平方メートル

延べ面積:約27,019平方メートル

階数:鉄骨造 地上9階

着工日:2017年(平成29年)3月27日(月)

開業予定時期:2018年(平成30年)秋

(仮称)JR岸辺駅ビル
場所とアクセス

場所は、、、

北部大阪都市計画事業吹田操車場跡地
土地区画整理事業区域の中の1街区。

発表では
詳しい場所やら
住所やらは
発見できませんでしたが、、、

おそらく
JR東海道本線
(JR京都線)
岸辺駅北口駅前広場(ロータリー)に
面した場所。

駅出口から見て左側。

ということなので
当然、最寄駅は
JR岸辺駅。

改札口からは
自由通路を通って
徒歩1~2分くらいのはず。

(仮称)JR岸辺駅ビル
テナント

まだ具体的なテナント名は
発表されていませんが
ちょこっとヒントのような内容は
示されています。

クリニックモール
フィットネスクラブ
スーパーマーケット
物販店
飲食店
ビジネスホテル

などなど。

ビエラ岸辺(VIERRA岸辺)???

完成イメージの画像を
よーく見ると、、、

2カ所に
「VIERRA」と
読めるような
読めないような文字が、、、

「施設運営者:JR西日本不動産開発株式会社」
ということから考えても、、、

商業施設「ビエラ」シリーズに
なるかもですね~

そうなると名称は、、、

「ビエラ岸辺(VIERRA岸辺)」とかに
なるのでしょうかね~

まあ、こちらは
発表を待つことにします。

それともう1つ。

ホテルのマークらしきものも見えますが、、、

JR西日本グループのホテル
「グランヴィア(GRANVIA)」
「ヴィアイン(VIA INN)」
などではないような。。。

まあ、こちらも
発表を待つことにしましょうかね~

北大阪健康医療都市の1施設

JR岸辺駅の北側と言えば
吹田操車場だった場所ですね~

その吹田操車場跡地は
「循環器病予防の象徴」
と呼ばれるようなまちを目指して
健康・医療のまちづくりが
進められています。

ということもあって
この地区には

名称: 北大阪健康医療都市

Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)

愛称: 健都(けんと)

という名称がつけられていたり。

具体的には、、、

国立循環器病研究センター(2019年度開院目標、建替移転)

市立吹田市民病院(2018年度開院目標、建替移転)

健都イノベーションパーク(約4.0ha)
(いわゆる公園ではなく、医療及び健康関連の企業、大学・研究機関等の進出用地)

健康増進広場(健康増進公園)
(こちらは公園。予防医療を実践できる公園)

高齢者向けウェルネス住宅(案)

都市型居住ゾーン

などが建ち並ぶ予定です。

その中の1つとして
予定されている
「駅前複合商業施設」が
「(仮称)JR岸辺駅ビル」なのかなーと
思われます。

ということもあって
駅ビルに入居する
商業テナントとは
「健康関連施策も検討」していくとの思惑。

Yさまのまとめ

吹田操車場跡地が
いろいろ土地区画整理されて
いよいよ具体的な施設たちの
開院・開業が迫ってきましたね~

吹田市が思い描く
世界をリードする健康都市
「吹田モデル」が
成功すると良いですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする