スギ花粉前線、飛散ピーク、飛散数予測【2016年1月14日ver】

2016年スギ花粉前線20160114verサムネイル2


この記事より新しい記事があります。

最新の予測はコチラ!


 

Yさま(@ysb_freeman)です。

日本気象協会から
2016年の
スギ花粉前線
スギ・ヒノキ花粉ピーク予測
飛散数予測
などなどが
発表されていますね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

スギ花粉前線
(飛散開始予測)

2016年スギ花粉前線20160114ver

この記事を書いているのが
2016年2月8日(月)未明。

Yさまの住む世田谷は
2月10日に飛散開始する予測になっています。

あと2日後ですね~

と言いつつも
すでに1月後半からは
くしゃみ連発の日が
あったりするので
実際は
すでにチラホラと
飛んでいるような気がします~

ちなみに「飛散開始」の定義は、、、

1平方センチメートルあたり
1個以上のスギ花粉を
2日連続して観測した場合の
最初の日

ということです。

スギ・ヒノキ花粉のピーク予測

2016年スギヒノキ花粉ピーク予想西日本編20160114ver

2016年スギヒノキ花粉ピーク予想東日本20160114ver

Yさまの住む東京は、、、

スギ花粉ピーク:3月上旬~3月中旬

ヒノキ花粉ピーク:4月上旬~4月中旬

となっています。

Yさまの場合は
スギ花粉だけなので
ピークは20日間くらい
といったところでしょうかね~

というのは
「飛散」のピークの話であって
Yさまの症状的には
飛散開始から飛散終了まで
ずーーーっと続いている感じです。

上にも書いた通り
1月後半から
チラホラとはじまって
おそらく飛散開始日あたりから
本格的に目や鼻にきて
桜が散る頃まで
つまり4月上旬まで続きます。

どういうワケか
桜(ソメイヨシノ)が散ると
花粉症の症状が治まったりします。

毎年そうです。

他にも同じような人
いますかね~???

スギ、ヒノキ、シラカバ
花粉飛散数予測

前シーズン比

前シーズン比花粉飛散数20160114ver

スギ、ヒノキ、シラカバの
花粉飛散数の
前シーズン(2015年)比の予測。

西の方と東海、関東が多め。

そんな中
Yさまの住む東京だけ
ぽっかりと「並」になっていたり。

予測があたりますよーにー

例年比

例年比スギヒノキ花粉飛散数予想20160114ver

飛散数を例年比で見ると
西日本は少なめで
東北が多めという予測に。

Yさまの住む東京は
「少ない」になっています。

「前シーズン比」
「例年比」
両方あわせて考えると
前シーズン(2015年)の
西日本はかなーり花粉飛散量が
少なかったということでしょうかね~

Yさまのまとめ

Yさまの住む東京は
飛散ピークは例年通り
飛散量は少なめ
ということですかね~

まあ「少なめ」といっても
「ゼロ」ではないので
結果的には
目も鼻もめちゃ反応したりします。

「多い」よりは
「少ない」方が
良いのだとは思いますが
飛散している間は
量が多くても少なくても
体感的な症状は
あまり変わらなかったり。

この時期は
長期の遠出の予定は
まったくないので
ひたすら花粉の真っ只中で
日常を過ごすことになりそうです。

沖縄あたりへ
避寒と避花粉を兼ねて
長期で「行きっぱなし」というのも
良いかもしれませんがあ。。。

【花粉症についてはこんな記事もあります】

  1. 花粉症のアナタ!鼻を強くかむとよけい詰まりますよッ!
  2. 花粉症で鼻が詰まったので口呼吸で眠っていたら大変なことに!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする