イトーヨーカドー東習志野店(2017年閉店予定)物流施設に建て替えへ

イトーヨーカドー東習志野店物流施設へ建て替えへサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

イトーヨーカドー東習志野店の賃貸契約が
2017年6月4日(日)に解約になりますね。

これに伴って
解約日までに
営業終了して
閉店となるはず。

(一部報道では「2017年2月末までに閉店」←後述)

イトーヨーカドー東習志野店
閉店後の跡地は
建物を解体して
新たな大規模高機能型物流施設
「(仮称)Landport 東習志野」の
建設を予定していると
発表がありましたね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

イトーヨーカドー東習志野店
物件概要

物件名称:イトーヨーカドー東習志野店

テナント名称:株式会社イトーヨーカ堂

所在地:千葉県習志野市東習志野七丁目3番1号

最寄駅:京成本線「八千代台」駅

構造:RC造陸屋根 他

階数:地下1階付4階建 他

竣工日:1994年10月27日

賃貸面積:51,098.42平方メートル

年間賃料:3億3000万円

敷金・保証金:1億6500万円

賃貸借契約解約日:2017年(平成29年)6月4日

(仮称)Landport 東習志野
計画概要

所在地:千葉県習志野市東習志野 7-3-1

交通:
東関東自動車道「千葉北IC」約7.1km
京成本線「八千代台」駅徒歩16分

敷地面積 30,545.17平方メートル( 9,239.91坪)

容積率:200%

用途地域:工業地域

延床面積:73,256.29平方メートル(22,160.03坪)

完成予定:2019年

所有者の変遷

見かけ上は
1994年11月から
「イトーヨーカドー東習志野店」
のままではありますが
物件(土地と建物)の所有者は
いろいろ変遷があったりします。

竣工~:日鐵溶接工業株式会社

2006年9月30日~:トップリート投資法人

2016年9月1日~:野村不動産マスターファンド投資法人

2016年12月20日発表(取得日不明):野村不動産

さらに建て替え後に譲渡する場合は
「野村不動産マスターファンド投資法人」が
優先して取得する権利を付した売買契約だそうで。

Landport
(ランドポート)

Landport(ランドポート)は
野村不動産が展開する
物流施設シリーズですね~

特徴としては、、、

40ftコンテナが走行可能なランプウェイ・スロープ

全天候型車路

充実したトラック待機スペース

高い積載荷重を確保した垂直運送機・貨物用エレベーター

などなど。

イトーヨーカドー
2017年は少なくとも6店舗閉鎖

イトーヨーカ堂の親会社
セブン&アイホールディングスは
2016年3月に
「今後5年で(イトーヨーカドーを)計40店を閉鎖」
と発表していましたね~

発表以降では
北千住店
本牧店
戸越店
倉敷店
坂戸店
と2016年中に5店舗を閉鎖。

2017年は
少なくとも
6店舗の閉鎖との情報。

2017年2月末までに
東習志野店
豊橋店
犬山店
六地蔵店
岡山店。

2017年7月末までに
新浦安店。

イトーヨーカドー
新規出店凍結中

閉鎖とは別に
新規店舗も
平塚と日進以外は
「凍結」との発表。

【参照】日進のアリオ計画

2017年度中の開業を目指していた
敷地面積6~7万平方メートルという規模の
大阪府松原市のアリオも
凍結な模様。。。

Yさまのまとめ

イトーヨーカドーの
閉鎖が相次いで
その跡地は
自社グループの他店になったり
他の小売業が居抜きで入居したり
建物は残存しながらも空きビルのままだったり
解体されてまったく別なもの(マンションとか)になったり
更地にされてそのままだったり。。。

解体されて
物流施設になるというのは
けっこう珍しいかもですね~

そもそも
「用途地域:工業地域」
だったりするので
周辺は
半分が住宅地
半分が工場
という立地。

ということで
物流施設は
けっこう需要があるのかもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする