IKEA(イケア)長久手(仮称)2017年10月1日開業を計画

イケア長久手2017年10月1日開業を計画サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

(仮称)イケア長久手(IKEA長久手)が
2017年10月1日(日)開業を計画していますね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

(仮称)イケア長久手
計画概要

※「計画」なので変更となる可能性があります

名称:(仮称)イケア長久手

所在地:名古屋都市計画事業公園西駅周辺土地区画整理事業地内1街区1、2の一部

小売業を行う者:イケア・ジャパン株式会社

店舗新設日:2017年(平成29年)10月1日

店舗面積:20,000平方メートル

駐車場:1,412台

駐輪場:70台

営業時間:午前8時~午後11時

(仮称)イケア長久手
場所

愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)
「公園西駅」の北西に広がる一帯。

土地区画整理前の住所でいうと
愛知県長久手市神門前地内にある
約48,000平方メートルの街区。

ということなので
最寄駅は
リニモの公園西駅。

駅とイケアの間には
幅約71メートルの
県道6号線
(都市計画道路「愛・地球博記念公園線」)
があるため
駅とイケアの間に
ペデストリアンデッキを建設して
駅直結にする計画です。

(仮称)イケア長久手
ウマいものも計画

家具類を中心とした
ホームファニッシング以外にも
ウマいものたちも計画されています。

伝統的なスウェーデン料理の大型レストラン

スウェーデンの食品を取り扱うスウェーデンフードマーケット

ホットドッグなどを販売するビストロコーナー

などなど。

リニモ活性化に貢献

リニモ公園西駅直結
ということではありますが
公園西駅の利用状況は
2011年度の実績で
一日平均乗車人員580人
一日平均乗降人員1178人。

「公園西駅周辺土地区画整理事業」の
事業の目的は

「商業施設の誘致により
(中略)
にぎわい機能を導入し
(中略)
生活交流拠点の形成を図る」

となっています。

公募時の文書は
発見できませんでしたが
おそらく
リニモ活性化も
求められていたのではないかと
想像できます。

ということなのかどうかは
わかりませんが、、、

イケア側から
リニモ活性化に
貢献できそうな計画として
神戸での事例が挙げられています。

IKEA神戸とポートライナーの事例

ポートライナー全面をIKEA仕様の内外装にした
「ホームファニッシングライナー」の運行

駅名を「南公園(IKEA前)」に変更

駅構内全面ラッピング広告の実施

ポートライナー乗車券とイケアのクーポン券のセット販売

神戸PITAPA利用者への特典提供

などなど。

IKEA側としては
IKEA出店後の
公園西駅
1日平均乗降客数は
約1,200人→約3,900人と
3倍以上に増加する見込みだとか。

1日2700人増えるということなので
IKEA効果としては
年間で約100万人の増加。

「乗降」で
約100万人なので
年間約50万人が
リニモを利用して
IKEAへ行くという予想ですね~

Yさまのまとめ

IKEAはこれで東海地区第1号店。

IKEAの基本商圏は
車で1時間以内ということですが
東海エリア初出店ということで
さらに広域なエリアから
集客できるのではと
見込んでいるそうで。

そんなこともあってなのか
「駐車場:1,412台」という大容量。

ん? 車??

リニモは!?

というと、、、

他の駅近な各ストアたちの
公共交通利用率は
3~4割な模様。

さらにツッコミを入れると、、、

「生活交流拠点の形成を図る」
ということではありますが
「駐輪場:70台」。

このあたりの数値に
IKEA側の正直な気持ちが
表れているのかもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする