ほっともっと290円「のり弁当」を賞味~

ほっともっと290円のり弁当賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

ほっともっと(Hotto Motto)が
「のり弁当」を
2017年3月1日(水)から
平日11時~15時限定で
290円で販売するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に賞味してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ほっともっとに来ました

2017年3月1日(水)。

この日の
午前11時から
ほっともっとが
平日限定で
「のり弁当」を
290円で販売するということで
お店へ向かいます。

ほっともっとに来ました20170301

到着。

時間は午前10時45分。

ほっともっとお昼ごはん290円からのタペストリー

お店の外には
「お昼ごはん、290円から。」
のタペストリー。

ほっともっとお昼ごはん290円からののぼり

のぼりも立っています。

まだちょこっと時間があったので
近所で賞味できそうな場所を探してみます。

良さそうなベンチを発見。

なんてやっていると
午前11時が近づいてきました。

290円「のり弁当」を注文

午前10時59分に入店。

ほっともっと店内の290円のり弁当看板

店内には
「のり弁当」290円(税込)
「特のりタル弁当」390円(税込)
の看板が
天井からぶら下がっています。

午前11時になったので注文、、、

と思ったら、、、

Yさまの前に
ササッと入り込む
40代くらいのオネーサン。

「特のりタル弁当」を2個注文。

おお、このオネーサンも
狙っていたのですね~

続いてYさまの順番。

Y「290円ののり弁当をくらはい」

店「へい」

ということで
無事にGET。

レシートを見てみると、、、

ほっともっと290円のり弁当のレシート

17年03月01日 11:01

TAKE-OUT

昼割のり弁当 1個 ¥290

小計 1個 ¥290

合計 ¥290

(内税 8.00% ¥21)

時間が
販売開始時間の1分後
「11:01」になっていますね~

名称は「昼割のり弁当」。

そしてお値段。

税込で「290円」になっています。

ありがたや~

もし「税別」だったら
「313円」ですからね~

わずか23円の違いではありますが
300円台と200円台とでは
イメージがぜんぜん違います。

レシートの裏側は、、、

 

ほっともっと290円のり弁当レシートの裏側モザイク有り

「ほっとポイントくらぶ」の案内。

290円「のり弁当」を観察

さきほど発見しておいた
ベンチにやって来ました。

さっそく「のり弁当」を
眺めてみます。

「Hotto Motto」のレジ袋から出してっと、、、

ほっともっと290円のり弁当外装を真上から

ほっともっと290円のり弁当外装をナナメから

いつもの
350円の
「のり弁当」と
まったく同じですね~

フタにはソース。

割り箸ではなく竹製の箸。

消費期限が
この日の「PM2時」になっています。

GETしてから3時間後。

「保存料に頼らない」
と謳っているので
3時間なのですね~

ソースを取り外して
眺めてみます。

ほっともっと290円のり弁当のソースオモテ

開封する前から
ちょこっとソースが
付着しているように見えますが、、、

おそらく他の要素ですね~

「開封する時、中身が飛び散ることがあります。ご注意ください。」

という注意書き。

ほっともっと290円のり弁当のソースウラ

製造元は表記されておらず。

販売者は「株式会社プレナス」。

ほっともっとの運営会社ですね~

なんて眺めていると、、、

なんだか人通りが増えてきて
道行く人たちが
Yさまのことを横目でチラチラ。。。

それと、、、

曇り空でちょい寒かったり。

ということで
場所を室内へ移すことにします。

290円「のり弁当」を開封

結局、近所には
適当な場所がなかったので
Yさま宮殿へ戻ってきました。

観察の続きを始めます。

再び袋から取り出して、、、

開封してみます。

パカッ

ほっともっと290円のり弁当を開封

290円とは
思えないくらいの
華やかさ~

ほっともっと290円のり弁当の白身フライ

白身フライ。

ふっくらとデカいです。

ほっともっと290円のり弁当のちくわの天ぷら

ちくわの天ぷら。

衣がフワッフワですね~

ほっともっと290円のり弁当のきんぴら

ごぼうとにんじんのきんぴら。

ほっともっと290円のり弁当のかつおたくあん

かつおたくあん。

ほっともっと290円のり弁当の海苔

海苔。

ほっともっと290円のり弁当の海苔の横からおかか昆布

海苔の横から
チラリと覗くのは
おかか昆布。

白身フライを取り出して
2分割してみます。

ザクザクザク、、、

ぱかッ

ほっともっと290円のり弁当の白身フライの断面

身がびっしりと詰まっています。

東京都「ほっともっと」店舗の
「のり弁当」の原材料を見ると
ニュージーランド産の
「ホキ」となっていますね~

「ホキ」は
あまりにも漁獲され過ぎて
絶滅の危機だったりしますが
ニュージーランド産の「ホキ」は
「管理された持続可能な漁業のための環境基準」
と認証(MSC認証)されている
「ホキ」のはず~

続いて、、、

海苔の全貌を見てみます。

白身フライと
ちくわの天ぷらを
取り出して、、、

じゃじゃーん。

ほっともっと290円のり弁当の海苔を露出

1枚のデカい海苔のはずが、、、

5枚の海苔で構成されているように見えますが、、、

よーく見ると、、、

やっぱり「1枚」海苔。

賞味しやすいように
切れ目が入っているのですね~

こまやかな工夫が施されています。

さらに、、、

海苔をめくってみます。

ぴらり。

ほっともっと290円のり弁当の海苔をめくる

ほっともっと290円のり弁当の海苔をめくった寄り

おかか昆布は
「敷き詰められている」
というよりは
点々と配置されている感じですね~

290円「のり弁当」を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

具たちを元に戻してっと。

断面からほろりと
崩れそうな
白身フライの一部をつまんで、、、

ぺろり。

ホキらしい
サッパリ感とウマさ。

ソースをかけてみます。

上にも載せた
「注意書き」を
今一度よーく思い出してみます。

「開封する時、中身が飛び散ることがあります。ご注意ください。」

そう。

ほっともっとのソースは
とろーりとした感じではなく
醤油のようにサラサラとしているので
油断すると本当に飛び散ります。

ということで慎重に開封して、、、

じゃじゃじゃ~~~

ほっともっと290円のり弁当にソースをかける

白身フライに
全量を投入。

ちくわの天ぷらは
あえてそのままに。

そのちくわ天の方から
賞味してみます。

塩分が少ない方から
賞味していこうという目論見。

がぶり。

クニョンとした食感。

衣がなめらか~

ソースなしなので
ほのかな味わいを
堪能できます。

続いて、、、

ソースのかかった白身フライを、、、

がぶり。

ふっくらと厚みがあって
中にはびっしりと白身。

ソースのお味が
ごはんを呼び込みたくなります。

ということで
ごはんも一緒に、、、がぶり、がぶり。

ここからは
がばがばと賞味していきます。

気が付くとあっという間に、、、

ほっともっと290円のり弁当を完食

完食。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

わずか税込290円で、、、

白身フライ
ちくわの天ぷら
きんぴら
かつおたくあん
デカい1枚海苔
おかか昆布
ごはん
ソース

という構成。

そしてよくよく眺めてみると、、、

動物由来の食材は
目に見える中ではナシ。

メイン2品は「海の幸」。

2品とも油モノなので
ヘルシーとまではいきませんが
動物性の食物を控えたい人には
良いかもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする