珈琲屋台ひばり屋 桜坂移転初日に1杯1200円の安田珈琲を賞味|那覇市

珈琲屋台ひばり屋で安田珈琲賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

「珈琲屋台 ひばり屋」が
2017年4月27日(木)13時から
5カ所目での
移転リニューアルオープンということで
さっそく初日に訪店。

1杯1200円の
安田珈琲
(ADA COFFEE ORGANIC)を
賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

珈琲屋台 ひばり屋
行く前の準備

2017年4月27日(木)。

この日の
13時から
「珈琲屋台 ひばり屋」が
5カ所目の移転先で
リニューアルオープン。

ちょうど那覇滞在中だったので
行ってみることにします。

移転先は
沖縄県那覇市牧志3-9-26。

「桜坂中通り」と
「グランドオリオン通り」と
「桜坂通り」と
3つの道路に囲まれた場所。

以前、通りかかった時には
樹木やら草やらが
ボーボー状態だった場所。

おそらく
オープンエアー
(完全に屋外)
だと思われるのと、、、

4月下旬という時期とで、、、

いろいろな虫さんたちが
活発そうな予感。

ということで
まずは
虫よけスプレーをGET。

虫よけスプレー20170427

長袖
長ズボン
くし下
サンダル系ではないシューズ

などを装着。

首やら
足首やら
手の甲やらに
虫よけスプレーを
シュッシュッと噴射します。

珈琲屋台 ひばり屋
へ向かいます

準備万端。

お店へ向かいます。

国際通りから
グランドオリオン通りへ。

左側に
屋台村を見ながら
さらに直進。

グランドオリオン通りの立派なデイゴの樹20170427

立派なデイゴ(←たぶん)の樹を
通り過ぎると、、、

グランドオリオン通りのオリオン薬局20170427

右側に
「オリオン薬局」。

その右側にある
細い小路。

グランドオリオン通りからひばり屋への入口20170427

この奥にお店があるはずです。

珈琲屋台 ひばり屋
に到着

細い小道を進んでいくと、、、

お、見覚えのある
「COFFEE」の看板。

キレイな木製の囲い。

「珈琲屋台 ひばり屋」に到着。

時間は12時53分。

まだちょこっと早いですね。

入口で
店主が
70代くらいの
オネーサンに
いろいろ話しかけられていたので
写真は撮らずに
いったん引き返します。

13時頃に戻ってくると
さきほどの
オネーサンは
いなくなり
そのかわりに
早くもお客がチラホラ。

珈琲屋台ひばり屋に到着20170427

こちらが入口。

珈琲屋台ひばり屋COFFEE看板20170427

見覚えのある
「COFFEE」の
木彫り看板。

珈琲屋台ひばり屋OPENの看板20170427

こちらも
見覚えのある
「OPEN」の
トレイ看板。

これが
出ているということは
無事にオープンしたのですね~

珈琲屋台ひばり屋の木彫りの看板20170427

こちらは
新しい
木彫りのサイン。

まだ木の色が
新しさを残していますね~

珈琲屋台 ひばり屋
店内を観察

さっそく入店(入場?)してみます。

珈琲屋台ひばり屋の屋台正面20170427

珈琲屋台ひばり屋の屋台ナナメ20170427

ニューパラダイス通り×3カ所

美栄橋駅近く

桜坂

と場所は
変遷してきましたが
珈琲屋台は
変わらず健在ですね~

珈琲屋台ひばり屋の客席20170427

客席というか
テラス席というか
庭というか。

これまでの
ひばり屋の雰囲気が
そのまんま引き継がれています。

珈琲屋台ひばり屋で建築中のステージらしきもの20170427

屋台とは別に
もう1つスタンド。

そして
ステージっぽい何かが
建築中。
(どうやら「建築中」ではない模様)

珈琲屋台ひばり屋から見える桜坂セントラル外階段20170427

桜坂セントラルが
入居している建物。

2階へと続く
外階段が見えます。

この階段は
何度か昇降したことがあります。

珈琲屋台 ひばり屋
メニュー

メニューを眺めてみます。

珈琲屋台ひばり屋レギュラーメニュー20170427

ちゃんと見比べてはいませんが
以前と変わっていないような印象。

そして新たに登場したのは、、、

珈琲屋台ひばり屋安田珈琲メニュー20170427

ADA COFFEE
ORGANIC

精製 No.:2017 #1

収穫日:2017年1月9日
精製:セミナチュラル
乾燥方法:負圧式低温乾燥
乾燥時間:50.8hrs
脱穀日:2017年4月19日
水分値:10.4%

1杯 ¥1200

ADA COFFEE
安田珈琲
アダ・コーヒー

この気になってしょうがない
1杯1200円の
「ADA COFFEE ORGANIC」。

「ADA」は「安田(アダ)」。

国頭村安田にある
農業生産法人
有限会社アダ・ファームが
森林農法的有機農法で
生産している
「安田珈琲」
(アダ・コーヒー)ですね~

余談ながら、、、

この小さいメニュー看板は
アダ・ファームさんの看板のはず~

国産コーヒーで
初めて「スペシャルティコーヒー」に
認定されたコーヒー。

まだ生産量が少なく
ほとんど出回っていない
希少品。

大宜味村の
「道の駅おおぎみ」で
豆が置いてあるか、どうか。。。

もしくは
イベントなど
(「国頭村産業まつり」とか)で
少量出品とか。。。

とのこと。

カップで
いわゆる液体のコーヒーとして
店舗で提供するのは
「珈琲屋台 ひばり屋」が
沖縄県内唯一。

世界でも
(というと大げさですが)
2店舗目だとか。

と言っても
「数量限定」とのことで
「オープンからしばらくの間」
だそうで。

なので
レギュラーメニュー
というワケではない模様。

那覇には
1杯1500円の
コーヒーが
あったりしますが
それに近い価格ですね~

ちなみに
1200円でも
採算的には、、、な様子。

ADA COFFEE ORGANIC
を注文、観察、賞味

せっかくなので
「ADA COFFEE ORGANIC」を注文。

待つこと10分ちょっと、、、

珈琲屋台ひばり屋の安田珈琲ナナメ20170427

珈琲屋台ひばり屋の安田珈琲真上20170427

珈琲屋台ひばり屋の安田珈琲寄り20170427

出てきました。

店主いわく
時間と共に変わる味を
楽しんでほしいとのこと。

また「ひばり屋」の
お客の好みに合わせて
深めに仕上げているとか。

淹れて10分後くらいが
良い感じだそうで。

ということで
まずは淹れたてを1口。

なんかスッキリした感じ。

10分くらい
庭やら空やらを眺めて
ホゲーッとして過ごして
再び1口。

ちょこっと深みが出てきたような。

結局、40分くらいかけて
チビチビと賞味。

なにせ1200円
(コンビニコーヒー12杯分)
というお値段なので
じーーーっくりと堪能。

コーヒー自体が
変化しているのか?

コーヒーの温度が
少しずつ
下がっているからなのか?

たしかに
時間と共に
お味が変わっている、、、

ような気がした、、、かも。

珈琲屋台 ひばり屋
「桜坂中通り」からの入口

「ADA COFFEE ORGANIC」を
完飲したので
お店を出ます。

出入口の
右方向から
やって来たので
復路は
出入口を左方向へ。

龍珍20170427

突き当りには
「魚料理・屋台ラーメン 龍珍」。

「新茶家」近くから
こちらへ移転してきたお店。

この突き当りから
左→右→左→右と
クランク(?)を
曲がりながら進むと、、、

桜坂中通りに出ます。

振り返ると、、、

瓦家かーらやー20170427

「瓦家(かーらやー)」
などなどがある小道ですね~

ということで
桜坂中通りから
行く時は
「瓦家(かーらやー)」を
目印に入って行くと
辿り着けます。

Yさまのまとめ

5カ所目の
「珈琲屋台 ひばり屋」も
小道の奥にある
「秘密の花園」感いっぱい。

平日昼間にも
かかわらず
オープンと共に
次々とお客が
やって来ていました。

この場所でも
繁盛していきそうですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする