ガス復帰方法と手順。地震などでガスが止まった時に。

ガス復帰方法と手順サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

震度5程度以上の揺れで
ガスが自動的に止まります。

簡単な復帰操作で
ガス供給が復活するので
その方法を書いておきます。

この方法は
「ガスライフ快適読本」に
記載されている方法です。

ガスライフ快適読本表紙

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

1.すべてのガス機器を止める

ガス復帰操作手順1

すべてのガス機器を止めます。

屋外の機器も忘れないようにしましょう。

ツマミを「止」にします。

2.復帰ボタンのキャップをはずす

ガスメーター
(マイコンメーター)を探します。

マンションなどでは
こんな場所にあることが多いと思います。

ガスメーターの場所の例

ガス復帰操作手順2

ガスメーターを発見したら
左上にある黒いキャップを
くるくるまわしてはずします。

そのキャップの中に
「復帰ボタン」があります。

キャップがないタイプもあります。

3.復帰ボタンを押す

ガス復帰操作手順3

ガスが止まっていると
真ん中の赤いランプが
点滅していると思います。

復帰ボタンを
奥まで押し込みます。

赤いランプが
点灯したままになるはずです。

そうしたら
ゆっくりと
復帰ボタンから
手を離します。

赤いランプが
ピコピコと
点滅を始めます。

4.点滅が消えるまで待つ

赤いランプが
ピコピコ点滅している間は
マイコンメーターが
ガス漏れなどの
安全確認をしています。

異常がなければ
3分くらいで点滅が消えます。

5.点滅が消えたらガス使用可能

点滅が消えたら
ガスが使用できるようになっています。

6.点滅が消えなかったら

3分以上経っても
赤いランプの点滅が
消えない時は
もう1度
「手順1」からやり直します。

それでも復帰しない場合は
ガス会社に連絡しましょう。

実際にやってみました

2015年9月12日(土)。

朝5時49分頃。

東京湾を震源に
マグニチュード5.3
最大震度5弱の地震がありました。

Yさまが住む世田谷は
震度4。

まさにこの前日に
ガス定期点検があって
「ガスライフ快適読本」を
もらったばかりでした。

パラリとめくって
「震度5程度以上の揺れでガスが止まる」
と書いてあったのを
覚えていました。

数値上は震度4でしたが
一瞬、ドカーンと
かなり揺れたので
もしかしたらガスが
止まっていたりして、、、

と思ったら、、、

止まっていました。

さっそく
前日にもらったばかりの
「ガスライフ快適読本」を開いて
復帰作業を始めます。

まずはガスメーター
(マイコンメーター)を
探します。

「3.11」の時も
ガス復帰作業をやっているので
確かこの扉の中だったはず。。。

ガスメーターが入っている扉

ドアの横にある
ガスメーターやら
水道の元栓やらが
入っていそうな扉を開けてみます。

ぎぎぎぎぎ~~~

ガスメーターを発見

ガスメーターを発見しました。

ガスメーターの復帰ボタンと赤いランプ

ガスメーターの復帰ボタンと赤いランプの寄り

復帰ボタンと
赤いランプが
本に書かれていた通りにあります。

赤いランプが
ピコピコと点滅しています。

やはりガスが止まっているようです。

復帰ボタンのキャップは
はずれたままになっています。

「3.11」の時に
はずして
そのままにしておいたのでしょうか。

記憶があいまいです。。。

さて、復帰ボタンを押しこんでみます。

ぎゅーーー

真ん中の赤いランプが
点灯したままになりました。

ゆっくり手を離すと、、、

点滅開始。

あとは3分くらい
このまま待ちます。

それにしても
赤いランプが点滅して
3分経ったら消えるとは、、、

あの有名なヒーローを
思い出してしまいますね。

なんて待っていると
大家さんの奥さんが通りかかり、、、

Y「ガス止まっちゃいました」
奥「ウチも止まった」

などなどちょこっと会話。

そんなことをしているうちに、、、

点滅が消えました。

だいたい3分くらいでした。

メーター類が入っている扉を閉めて
Yさま宮殿内に戻ります。

試しに流し台の蛇口から
お湯を出してみます。

じゃーーーーー

おお、お湯が出てきました。

ガス復活成功です。

Yさまのまとめ

「3.11」の時に
ガスが止まって
ネットで調べたのを思い出しました。

この記事を書いているのが
上にも書いた
震度5弱の地震が起きた
4時間後くらい。

Yさま自らに対しての備忘録と
本日これからガス復帰作業をする人に
役に立ったら良いかなと思い
サラサラっと書いてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする