富士そば「ネギタそば」大盛を賞味~。渋谷下田ビル店限定メニュー

富士そばネギタそば大盛サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

富士そば
渋谷下田ビル店の前を
通りかかったら
「新発売 ネギタそば・うどん」という看板を発見。

さっそく大盛で賞味してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ネギタそば・うどん看板を発見

2015年10月3日(土)。

「バスフェスタ2015 in TOKYO」とか
「第27回北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~」とか
があったので代々木公園へ。

午後になって空腹になり
せっかくなので
北海道フェアで
ウマいものを賞味したいところでしたが
どの屋台も長蛇の列。

しかもカンカン照り。

ということで
会場を離れて
近所で燃料補給してみることに。

「なか卯」で
「鶏塩うどん」でも、と思ったものの
なんとなーく「なか卯」方面に向かいながらも
周辺をウロウロ歩いてみることに。

そんなこんなで
富士そば下田ビル店に来てみると、、、

富士そばネギタそばうどんの看板

新発売!

富士そば風たぬき南蛮

ネギタそば・うどん

400円

見たことのないメニューを発見。

写真で見ると

白髭ねぎ
揚げ玉
わかめ

といった構成。

「富士そば風たぬき南蛮」という説明が気になります。

揚げ玉の下に何か存在していたりするのでしょうか!?

400円というお値段がありがたや~です。

ネギタそば大盛を注文

さっそく富士そば渋谷下田ビル店へ入店してみます。

入ってすぐにある券売機を眺めると、、、

富士そば券売機のネギタそばうどんのボタン

最上段の右端に
「ネギタそば・うどん」
のボタンがあります。

そのボタンの上にチラリと見える
「No. have some pork in it.」というのは
豚肉を気にする外国人向けの説明でしょうか。

Yさまが入店した時も
4人の外国人がいて
(若い女子4人。おそらくアメリカー)
店員さんがカタカナ英語で
いろいろ説明していましたが
あまり伝わっていない様子。。。

そんな中をかき分けて
店員さんに
「ネギタそば・うどん」の食券と
一緒にGETした「大盛」の食券を渡します。

Y「そばで」
店「へい」

大盛の半券はもらえず
「ネギタそば・うどん」の半券を
受け取りました。

富士そばネギタそばうどんの食券の半券

15.10.-3
56B
ネギタそば・うどん
¥400-
富士そば渋谷下田店 02

ネギタそば大盛を観察

待つことしばし、、、

さきほどの外国人4人が
Yさまのすぐ後ろに着席。

やがて、、、

店「56Bのお客さま~」

とお呼びがかかり、、、

富士そばネギタそば大盛

ネギタそば大盛をGET。

富士そばネギタそば大盛の白髭ねぎ

ネギタそばの「ネギ」の部分。

「富士そば風たぬき南蛮」の
「南蛮」の部分でもあります。

白髭ねぎに辛そうなオレンジ色の何か。

富士そばネギタそば大盛の天かす

ネギタそばの「タ」の部分。

おそらく「たぬき」の「タ」。

「富士そば風たぬき南蛮」の
「たぬき」の部分。

天かすというか揚げ玉。

富士そばネギタそば大盛のわかめ

わかめ。

ひとつまみくらい。

富士そばネギタそば大盛の蕎麦

蕎麦。

安定のいつもの富士そばの蕎麦。

ネギタそば大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

蕎麦
揚げ玉
白髭ねぎ

を一緒に持ち上げて、、、

富士そばネギタそば大盛いろいろ持ち上げ

と、ここで、、、ふと気が付きました。

すぐ後ろには
おそらくアメリカ人な外国人4人。

そばをすする音が全くダメな人たちなはずです。

だがしかし、ここは日本。

ということで
おもいっきりとは行かずとも
控えめに、、、

ずずずずず~~~

まずは揚げ玉の味とコクが広がり、、、

続いてちょい辛味のある白髭ねぎの刺激。

中から蕎麦と汁の味が飛び出します。

揚げ玉の下には
蕎麦と汁だけ。

まさに「ネギ」+「タ」+「そば」な構成。

400円というお値段から考えれば
妥当な構成ですね。

賞味をはじめてしまうと
後ろのアメリカ人たちを気にすることなく
そばを満喫。

がばがばと賞味して完食完飲。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

たぬき南蛮そば・うどん

いろいろ新メニューに挑戦する
富士そば渋谷下田ビル店さま。

「ネギタそば」をやったのならば、、、

長ねぎをブツ切りにして
「たぬき南蛮そば・うどん」なんてやってみませんか!?

寒い季節には良さそうな予感。

ぜひご検討くださいませ~

アメリカ人たちのその後

Yさまが賞味している間
後ろのアメリカ人たちは
テーブル席に座って
なにやらボソボソ話していました。

何かを賞味している様子はありません。

そしてYさまがお店を出て
振り返ると
ぞろぞろとお店から出てきました。

結局、何も賞味しなかった様子。

日本人にはお馴染みの
富士そばのシステムが
よくわからなかったのでしょうか。

  1. 食券をGET
  2. カウンターの店員さんに食券を渡す
  3. 半券をもらう
  4. 呼ばれたら受け取りに行く
  5. 水やらティッシュやらも自ら取りに行く
  6. 賞味が終わったら返却

これらを全て
日本人の店員さんが英語で説明するのは
難しいかもですね。

富士そばさま

全説明を
めちゃめちゃ丁寧に書いた紙ペラを
準備しておく、、、

というのは
いかがでしょう???

Yさまのまとめ

いっぱいの揚げ玉に
いっぱいの白髭ねぎ。

辛味と刺激のある白髭ねぎと
それらをマイルドにする揚げ玉たち
という組み合わせ。

今回は温かいそばで賞味しましたが
なんとなーーーく
冷たいそばが発祥(?)な印象。

Y「いつ新発売したのでせうか?」
店「1ヶ月前くらい」

あらら、けっこう前ですね。

気が付きませんでした。

富士そばの中でも
新メニューに積極的な
渋谷下田ビル店さま
これからもいろいろな新メニューを
期待しております~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする